タケイは省エネ先進国ドイツの設計技術を取り入れた、高性能省エネ工法を採用しています。
株式会社タケイ

施工事例

心地よい風と家族の笑顔が吹き抜ける家

浦安モデルハウス/木造在来工法+耐力面材「ハイブリッド工法」

ローエネルギーハウスの技術を結集した高性能住宅モデルハウスです。
パッシブデザイン(日射コントロール)により、南側の隣地に建物が建つ事を想定した上で、境界から8メートル離した面を大開口の窓面のあるLDKを設けました。
開放的なリビングは家の奥まで明るくするだけでなく、家全体に心地よい風が吹き抜け、暖かい陽光が差し込みます。
1階の低い高さの窓から取り入れた風が中2階のリビングを通り、家の中心の吹き抜けを通じて2階に。
換気塔だけでなく家族の居場所をつなげる役割も果たします。
また、リビングの外に階上庭園を造りました。落葉樹を植え、夏は葉がカーテンの役割を果たします。
冬は葉を落とし、陽光を通してひだまりをつくってくれます。

写真1
写真2 写真3 写真4 写真5
ページ上部へ戻る